ゲーム関連ツールの30%がマルウェアに感染:G DATA調査

冨田秀継(編集部) 2007年09月28日 16時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 G DATA Softwareは9月28日、オンラインゲーム関連のウイルス調査の結果を発表した。関連するファイル、ツールの約30%がマルウェアに感染していたことを報告している。

 調査は独G DATA Softwareのウイルス研究所が実施した。人気の高いオンラインゲームのトップ20を選出し、それらに関連するファイル、ツール約1000件をダウンロード、安全性に関する調査を行った。

 調査の結果、これら1000ファイルのうち、約30%がバックドア、アドウェア、トロイの木馬、スパイウェアなどのマルウェアに感染していたという。ウイルス研究所のラルフ・ベンツミュラー所長は、「.exeファイルの50%、ZIPまたはRARの30%以上に、マルウェアが含まれていたのです」と、内訳を示してみせる。

 また、「大多数のオンラインゲーマーは、ゲームを支障なく楽しむために、ファイアウォールとウイルス対策ソフトをオフにするので、ウイルス侵入に理想的な環境となっています」とコメント。事実、マシンパフォーマンスの低下を考え、ゲームプレイ時はウイルスソフトのオートスキャン機能などをオフにするユーザーも少なくない。また、ソフトが発する各アラートが画面に表示されることを気にするユーザーも多い。

 特にアジア地域ではゲームアカウントを盗むマルウェアが多数報告されている。必要な対策をとった上でゲームを楽しみたいものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!