三菱総研DCSとNRIセキュア、情報セキュリティの診断サービスで協業

吉澤亨史 2007年09月28日 19時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱総研DCSとNRIセキュアテクノロジーズは9月27日、情報セキュリティ分野において協業し、情報セキュリティ関連ソリューションを提供することで合意したと発表した。

 協業の第1弾として、三菱総研DCSはNRIセキュアのセキュリティ診断サービスを自社の顧客向けに提供する。診断サービスには、ネットワークやサーバーが内外からの不正アクセスに対して安全な状況にあるかどうかを診断する「プラットフォーム診断」、ウェブサイトで稼動するアプリケーションの安全性を診断する「Web アプリケーション診断」、データベースの安全性を診断する「データベース診断」が含まれる。なお、セキュリティ診断は両社のコンサルタントが実施する。

 一方NRIセキュアは、データベース診断の精度向上および効率化のために、三菱総研DCSが総代理店となっている英Next Generation Security Softwareの「NGSSQuirreL」を利用する場合がある。三菱総研DCSとNRIセキュアは、今後も引き続き情報セキュリティ関連サービスで協力し、さらに多くの顧客の情報セキュリティに関連するリスクの低減に助力していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR