IDEデバイスアクセス中のI/Oエラー発生を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年10月01日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ide: failed opcode was command code

対処

以下のメッセージでデバイスの状態やエラーの詳細を確認する。

device name: error operation: status=status byte { status message }

device name: error operation: error=error byte { error message } address sector=sector

説明

IDEデバイスアクセス中にコマンドコードで示すコマンドでI/Oエラーが発生した。

このメッセージを出力する前に出力する以下のメッセージによって、エラー時のIDEデバイスの状態やエラーの詳細を確認できる。

device name: error operation: status=status byte { status message }

device name: error operation: error=error byte { error message } address sector=sector

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!