ラックとA&Iが経営統合、持株会社「ラックホールディングス」設立

冨田秀継(編集部) 2007年10月01日 22時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月1日、ラックとエー・アンド・アイシステム(A&I)は経営統合し、共同株式移転による両社の完全親会社「ラックホールディングス」を設立した。代表取締役社長にはラック取締役でA&I取締役の三柴元氏が就任。ラック代表取締役社長の高梨輝彦氏、A&I代表取締役社長の大阿久昌彦氏も取締役の任に就く。

 両社は2005年2月に資本・業務提携を締結。当時のラックはすでに、主力事業がSI事業からセキュリティサービス事業に移り変わっており、同事業の拡大を目指しての提携となった。A&Iは主力のSI事業に、情報セキュリティ技術の導入をはかり、同事業の拡充を目指していた。

 その後、両社は2006年11月、共同株式移転による持株会社の設立に合意。市場拡大、案件規模の拡大、新市場への参入、付加価値の向上などを目的として、経営統合の道を歩み始めた。

 しかし、2007年1月16日、両社は経営統合の延期を発表。当初案の2007年7月2日の持株会社設立登記日を「未定」とした。あわせて、ラックは当時の代表取締役社長、三輪信雄氏の辞任と、2月1日付けでの大規模な組織変更も発表していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから