CPUIDで示すCPUの初期化開始を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年10月02日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Initializing CPU# CPUID

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

CPUIDで示すCPUの初期化を開始した。

ここで行う初期化は、TSC(Time Stamp Counter)タイマの有効化、GDT(Global Descriptor Table)/LDT(Local Descriptor Table)、TSS(Task State Segment)/TLB(Translation Lookaside Buffer)、及びFPU(Floating-Point-number-processing-Unit)のセットアップなどである。これらの処理で何らかの異常を検知した場合、それに対応するエラーメッセージを出力することがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!