Adobe Max 2007がChicagoで開幕--新しいRIA開発環境発表へ

大野晋一(編集部) 2007年10月02日 00時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1日、米イリノイ州シカゴでAdobe MAX 2007が開幕した。米国でも最大規模といわれるMacCormickホールが使われ非常に大規模なものとなっている。

 MaxはかつてMacromeiaのイベントだったものがAdobe Systemsによる買収で扱う製品もウェブ開から印刷、PDFによるデジタル配信まで広くなっている。

 今回注目されるキーワードとしてはAIR(Adobe Integrated Runtime)、LiveCycle、Flex、そして新しいRich Internet Application(RIA)開発環境の発表も噂されている。また、国内ではNTT Docomoも採用するFlash Liteの新バージョンも発表される。

 ZDNet JapanではRIAやWeb 2.0、エンタープライズ・ドキュメント・プロセシングの話題を中心に会期中現地よりレポートをお届けする予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR