有効なタイマが見つからなかったため、システムが停止したことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年10月03日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

select_timer: Cannot find a suitable timer

対処

使用可能なタイマを調査し、clockなどブートパラメタで使用できないタイマが選択されていないか確認する。ハードウェアに実装されたタイマの場合、ハード故障の可能性もある。

説明

有効なタイマが見つからなかったため、カーネルがpanicし、システムが停止した。

RedHat Linuxの場合、TSC(Time Stamp Counter)タイマ以外に、HPET(High Precision Event Timer)やACPI(Advanced Configuration and Power Interface)で実装されるPMT(Power Management Timer)、カーネルロジックで実現しているPIT(Programmable Interval Timer)などがあるが、これらのタイマの中で使用可能なものが見つからなかった場合に発生するpanicメッセージである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR