シンプルな「Wordpress」と高機能な「Drupal」 - 2つのCMSを比較

原井彰弘 2007年10月03日 13時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブサイト構築サービスのThe Bivings Groupが、同社の公式ブログ上で「Wordpress」と「Drupal」の、2つのコンテンツ管理システム(CMS)を比較している。

 WordpressとDrupalは共にオープンソースのCMS。同社は双方のシステムを長年利用してきたという。その経験によると、Wordpressは機能こそシンプルであるが、そのゆえ設定が単純であり、一個人または1グループが管理するブログシステムや、企業のプレスリリースのような比較的単純なシステムに向いているとのことだ。

 一方、Drupalは非常に高機能であり、Wordpressでは対応することが困難な、より複雑なウェブサイトの構築に向いているとしている。多数の執筆者がいるブログコミュニティや、3階層以上の構造を持つ複雑なウェブサイトでは、Drupalを利用するべきだと結論付けている。

 この比較の詳細は、エントリ「Wordpress vs Drupal」に掲載されている。また、その比較を受けた議論が「Drupal vs Wordpress: Discussion Roundup」で行われているので、ウェブ開発者は参照しておくとよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?