Rubyになりすましの脆弱性:ユーザはアップデートを

荒浪一城 2007年10月03日 14時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月2日(デンマーク時間)、Secuniaはプログラミング言語の「Ruby」になりすましの脆弱性が発見されたと公表した。

 "Net::HTTPS"ライブラリーに問題があり、なりすましを許す可能性がある。影響度は、5段階中下から2番目の「Less critical」に位置づけられている。

 影響を受けるバージョンは、Ruby 1.8.x。解決策は、修正がほどこされた最新ソースコードを入手し、利用すること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!