ターボリナックス、次期LinuxサーバOS「Turbolinux 11 Server」のパブリックベータ版を公開

CNET Japan Staff 2007年10月03日 19時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは10月3日、次期LinuxサーバOSである「Turbolinux 11 Server」のパブリックベータ版を公開したことを発表した。同社のウェブサイトからダウンロードできる。

 Turbolinux 11 Serverは、エントリーからミッドレンジサーバ市場に最適化されており、ウェブサーバやメールサーバ、プロキシサーバ、DNSサーバ、ファイルサーバなど、エッジ系での導入実績を集約。負荷分散ソフトウェアや企業向けウェブシステム開発ソリューションを標準搭載するなどの機能強化がなされている。

提供いたします。

 パブリックベータ版は、期間の制限なく試用可能。30日間は随時開発によりアップデートされるモジュールの提供を受けることができる。このフィードバックを掲示板で集め、今後の製品の開発に反映する。2007年10月末に製品版をリリースし、11月下旬より販売を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR