「Vista×コンテンツ」でもっと楽しいデジタル生活を--マイクロソフトのパートナー戦略

Emi KAMINO 2007年10月04日 09時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 千葉・幕張メッセで開催中のコンシューマー向けIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2007」で、マイクロソフトが10月2日、「デジタルライフスタイル新世代-今日から創る未来-」と題した基調講演を行った。

 登壇した同社執行役専務 デジタルライフスタイル推進・OEM担当の眞柄泰利氏は「今やもうパソコンやソフト、ハードウェアが独立していては成り立たない世界」と切り出し、ネットワークとコンピュータを融合させた新しいデジタルライフスタイルを、プレゼンテーションを交えながら紹介した。

マイクロソフト執行役専務 デジタルライフスタイル推進・OEM担当の眞柄泰利氏 マイクロソフト執行役専務 デジタルライフスタイル推進・OEM担当の眞柄泰利氏(撮影:津島隆雄)

 眞柄氏はまず、新しいデジタルライフスタイルの実現に向けたブレークスルーとして業界協業、異業種連携、サービス革新、ユーザー参加型の新しい価値の創造、の4点を挙げ、日本発で展開し世界に向けて展開していくと語った。また、ブレークスルーを起こすために、デジタルメモリ、プロダクティビティ、デジタルエンターテイメント、コミュニケーションの4つを柱に、サービスを展開していくとした。

 具体的な取り組みとして、音楽配信サービスを展開するレーベルゲートと提携し、「"mora win" Type1 Music Store」を公開。これはレーベルゲートの音楽配信サービス「mora win」をWindows Media Player 11(WM11)に組み込んだもの。また、J-WAVEのインターネットラジオ“Brandnew-J”とも連携し、ユーザーはオンエア中の楽曲を購入することが可能だ。

 このサービスのデモンストレーションを行った、レーベルゲートの代表取締役である今野敏博氏は「去年あたりから日本のデジタル音楽配信の世界もやっとマーケティングができてきたが、楽曲をダウンロードして聴く人はまだまだ少ない。WM11はVistaを買うと必ず入っている。そこにどうやって楽曲を提供するかを考えた」と、今回のコラボレーションが実現した経緯を語った。また、J-WAVEのメディア開発局長である佐藤崇氏は「音楽は“いいな”と思ったときが欲しいとき。今回の連携により、よりリッチなサービスを提供することができるのはうれしい限り」と挨拶した。

 そのほかのエンターテイメント分野での異業種協業事例として、楽天と提携し、「楽天市場」の売れ筋ランキングやタイムセールなどの情報を表示するWindows Vista向けガジェット「楽天ランキングTOWN」のベータ版を10月下旬に公開すると発表。また、テレビ東京との提携で開始した、Vista搭載のWindows Media CenterまたはXbox経由で見られるコンテンツ配信サービス「あにテレ」を紹介した。また、コミュニケーションサービスの強化策として、シームレスな環境を提供するためシングルサインオンを実現するなど、Vistaとより融合したWindows Liveの新機能をプレゼンテーションした。

 最後に眞柄氏は、Vistaを核とした魅力的なデジタルライフスタイルをユーザーに提案することを目的とした「ウィンドウズデジタルライフスタイルコンソーシアム」を11月に設立することを発表。現時点でNEC、シャープ、東芝、富士通の4社が参加を表明しており、今後もPCメーカーをはじめ、量販店や携帯電話事業者、コンテンツパートナーなどに対して参加を呼びかけ、共同でマーケティング活動を展開していく意向を明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?