Plamo Linux、約1年ぶりとなるバージョン4.22をリリース

原井彰弘 2007年10月04日 15時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月3日、Plamo Linuxプロジェクトは国産Linuxディストリビューション「Plamo Linux 4.22」をリリースした。

 Plamo Linuxは、Slackwareをベースにした日本語Linuxディストリビューション。シンプルで見通しの良いシステムと、Linuxの持つホビー性の持続を念頭に開発されている。

 Plamo Linux 4.21のリリース以来、約一年ぶりとなる今回のリリースはメンテナンスリリース。セキュリティに関する修正とパッケージのアップデートが行われ、カーネルは2.6.22.9に更新されている。

 Plamo Linuxは、公式サイトからCDのイメージ3枚分、もしくはDVDのイメージ1枚分としてダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR