Teeda 1.0.11、S2Struts 1.3.0-RC2をリリース - Seasarプロジェクト

荒浪一城 2007年10月04日 19時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月1日、Seasarプロジェクトは、「Teeda 1.0.11」「S2Struts 1.3.0-RC2」をリリースをした。

 Teeda 1.0.11における変更点は、下記のとおり。

  • org.seasar.teeda.extension.util.ValidatorUtilクラスを、org.seasar.teeda.extension.util.TargetCommandUtilクラスに変更

 S2Struts 1.3.0-RC2における変更点は、下記のとおり(S2StrutsV1.3.xはSeasar2.4に対応している)。

  • Validateのアノテーションを何度か変更するとActionFormがHotDeployされなくなる問題に対処
  • PojoFormにてreset()メソッドが呼び出されない問題に対処
  • SubmitTagとImageTagのdoEndTag()でrelease()を呼び出さないようにした
  • S2StrutsExampleとS2StrutsBlankで、環境名が「ct」のときにHOT deployモードとなるよう変更した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!