アダプテック、ストレージで独Open-Eと協業、両社製品を連携

WebBCN (BCN) 2007年10月05日 10時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米アダプテックは、ソフト開発会社の独Open-Eと協業し、アダプテックのRAIDコントローラなどと、Open-EのiSCSIソフトを連携させると発表した。

 アダプテックのUnified Serial-SATA/SAS対応RAIDコントローラやホストバスアダプタと、Open-EのiSCSIターゲットソフトの統合を可能にする。これにより、Open-Eのユーザーは、アダプテックのRAIDコントローラ全製品に付属する管理ソフト「Adaptec Storage Manager(ASM)」経由でアダプテックのUnified Serial-SATA/SAS対応RAIDコントーラが持つデータ保護機能や管理サービスをリモートからアクセスできるようになる。

 さらに同ソフトを使用すれば、RAIDのデータボリュームやディスクの最適化、プロビジョニング、検証、ストレージ拡張を行うことができる。

アダプテックジャパン=http://www.adaptec.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?