ノベル、「openSUSE 10.3」リリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年10月05日 12時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellは米国時間10月4日、無料のオープンソースOSの最新版「openSUSE 10.3」をリリースした。

 新しもの好きな人にとっては、openSUSEは非常に進化の早い製品ではあるものの、Novellや他の多くのコントリビュータは、openSUSEを大抵は正式にサポートしていない。openSUSEは、CanonicalのUbuntuや、Red HatのFedoraといったLinuxディストリビューションと、ダイレクトに競合する製品である。Novellは、法的な問題もあるパートナーシップをMicrosoftと結んではいるものの、ここ数年間はopenSUSEを、Windowsに対抗する製品に位置づけようとしてきた。Novellが正式サポートする「SUSE Linux Enterprise Server」は、年間サポートサブスクリプションサービスをセットにして販売されている。

 他の多くのLinuxディストリビューションと同様に、openSUSEではグラフィカルインターフェースを選択できる。openSUSE 10.3には、広く用いられている最新版のGNOME 2.20およびKDE 3.5.7が含まれているほか、間もなくリリースされるKDE 4からも、幾つかのコンポーネントが取り込まれた。

 Novellは、これまでも目立つインターフェースグラフィックスを熱心に採用してきたが、openSUSE 10.3では、キューブの各面に展開するデスクトップ環境、少しぼかした感じのバックグラウンド画面、クローズする時に炎が燃え上がる画面など、CompizおよびCompiz Fusionの3Dエフェクトが採用されている。別の方向性を求める人にとっては、必要最低限のグラフィックスインターフェースを備えるXFCE 4.4.1も選択可能だ。

 openSUSE 10.3は無料でダウンロードできるほか、90日間のマニュアルインストールサポートが付属するDVD2枚セット版も60ドルで販売される。

 NovellやopenSUSE Newsが明らかにした、注目できる新たな特徴は以下の通り。

  • Linuxカーネルはバージョン2.6.22。
  • OpenOffice.org 2.3。
  • 複雑な技術ではあるものの、Windowsソフトウェアを走らせるのに便利な仮想化ソフトウェアXen 3.1およびVirtualBox 1.5を搭載。管理ツールのYastで、仮想マシンのコンフィギュレーションがサポートされ、KVM仮想化ソフトウェアのテストバージョンも含まれる。
  • オンライン上のopenSUSEパッケージを、より簡単に導入できるワンクリックインストールのオプションを用意。
  • インストールディスクを新装。5枚のCD版ではなく、openSUSE 10.3のインストールCDは1枚のみ。KDE用に1枚、GNOME用に1枚となり、他はダウンロード可能。一方、DVD版には、すべてが収まっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから