ウェブページパフォーマンス改善ツール「YSlow 0.8.0」リリース

原井彰弘 2007年10月05日 12時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日、米Yahoo!はウェブページパフォーマンス改善ツール「YSlow」の新バージョン「YSlow 0.8.0」をリリースした。

 YSlowは指定したウェブページを分析し、なぜ表示が遅いのかを調査するFirefoxのアドオン。ウェブページが高速に表示されるために必要となる13のルールに基づいて分析し、その分析結果をそれぞれのルールに関するグレードで表示することができる。またそれ以外にも、ウェブページのサイズとリクエストの回数を計算する機能や、ウェブページを構成する全てのコンポーネントを一覧で表示する機能も含まれている。

 今回のリリースでは、キャッシュから読み込んだリソースがFirebugのNet Panelに表示されていた問題が修正されたほか、スタイルシートが認識されなかったバグの修正などが行われている。

 なお、YSlowを利用するにはFirebugのインストールが必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!