米マイクロソフト、.NET Frameworkのソースコードを年末にも一部公開

原井彰弘 2007年10月05日 14時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月3日、米Microsoftは.NET Framework付属のクラスライブラリのソースコードを、一部公開する予定であることを明らかにした。同社のScott Guthrie氏がブログで明らかにした

 公開は、今年末にリリースされる.NET Framework 3.5、Visual Studio 2008(VS 2008)と合わせて行われる。公開される予定のソースコードは、System、System.IO、System.Collectionsなどのネームスペースを含む「.NET Base Class Libraries」、ASP.NET、Windows Forms、ADO.NET、XML、WPF。コード中のコメントもそのまま公開されるという。また、順次公開するソースコードを増やしていくとのことで、WCFやLINQのソースコードもいずれ公開されるという。

 ソースコードが公開されることによって、VS 2008ではクラスライブラリのコードをデバッグ時に参照して、ブレークポイントを張ったりステップ実行を行ったりすることが可能になる。

 なお、公開はMicrosoft Reference Licenseのもとで行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!