軽量Linuxディストリビューション「Puppy Linux 3.0」リリース

原井彰弘 2007年10月05日 15時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月3日、Puppy LinuxプロジェクトはLinuxディストリビューション「Puppy Linux」の新バージョン「Puppy Linux 3.0」を公開した。

 Puppy Linuxは、サイズが100MB程度の非常に軽量なデスクトップ用途向けLinuxディストリビューション。USBメモリやリムーバブルメディアからブートすることが可能で、それらのメディアにデータを保存することもできるのが特徴だ。また、保存の際には書き込み回数を最小限に抑えることによって、メディアの寿命を延ばすような配慮がなされている。

 今回リリースされた3.0では、基本パッケージが更新されてglibc 2.5、gcc 4.1.2、GTK 2.10.13などが含まれるようになったほか、各種アプリケーションがアップグレードされている。また、カーネルは2.6.21.7に更新された。それ以外にも、多数のバグが修正されている。

 なお、オリジナルのPuppy Linuxには日本語環境が含まれていないが、日本語環境を追加したバージョンが、米田憲弘氏が制作するウェブサイト「Puppy Linux 日本語版」で公開されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!