米サン、「Sun Java System Web Proxy Server 4.0.6」リリース

荒浪一城 2007年10月05日 18時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日(米国時間)、米Sun Microsystemsは「Sun Java System Web Proxy Server 4.0.6」をリリースした。

 Sun Java System Web Proxy Serverは、ウェブコンテンツのキャッシュおよびフィルタリングを行ない、ネットワークサービスの性能を高速化させるプロキシソフトウェア。キャッシュ機能によりパフォーマンスのボトルネックを解消し、ウェブアクセスの待ち時間を減少させ、企業のネットワークの帯域幅を有効に活用できるようネットワークトラッフィックの監視を行う。

 今回のリリースでは、ハードウェアアクセラレータ「Sun Crypto Accelerator 6000」が正式にサポートされるようになった。詳細な情報は、リリースノートを参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!