米サン、「Sun Management Center 3.6.1 Version 3 Add-on」リリース

荒浪一城 2007年10月05日 18時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日(米国時間)、米Sun Microsystemsは「Sun Management Center 3.6.1 Version 3」をリリースした。

 Sun Management Centerは、同社エンタープライズサーバの監視と管理を行う要素管理システム。一般的な企業管理システムとの統合が可能で、一元化された管理インフラストラクチャの構築を支援し、ハードウェアの監視機能を提供する。Sun Management Centerの基本機能パッケージは無償で提供され、アドオンアプリケーションを追加することで監視機能の拡張が可能になる。

 今回はXCP 1050をサポートするアップデートリリースとなる。このアドオンは、以下のサーバをサポートする。

  • Sun SPARC Enterprise M4000サーバ
  • Sun SPARC Enterprise M5000サーバ
  • Sun SPARC Enterprise M8000サーバ
  • Sun SPARC Enterprise M9000サーバ

 また、今回のリリースでは英語でアドオンソフトとドキュメンテーションを提供する。マルチリンガル版は、およそ1カ月後に利用可能になる予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!