シスコ、802.11nドラフト対応製品を投入--モバイルビジネスの推進を加速

CNET Japan Staff 2007年10月05日 19時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズは10月4日、優れたパフォーマンスと信頼性、導入の簡便性を兼ね備えた統合型の802.11nソリューションを発表した。

 シスコの次世代Unified Wireless Networkソリューションは、モジュラ型の「Cisco Aironet 1250シリーズ アクセスポイント」や48Gbpsまで拡張可能な「Cisco Catalyst6500」によるワイヤレス ローカルエリア ネットワーク(LAN)コントローラシステム、さらに「Unified Wireless Networkリリース4.2」による有線/無線サービスなどで構成される。

 同社はまた、Catalystスイッチ製品ファミリーで、デュアルラジオ対応のAironet 1250シリーズ製品にひとつのイーサネットポートからPoE(Power of Ethernet)給電できる機能を搭載する。

 Cisco Aironet 1250シリーズ アクセス ポイントは、2007年10月末より販売を開始。同製品のCisco Catalystスイッチ製品ファミリによるPoEサポートは、今年度末ごろを予定している。

 さらにシスコの次世代ワイヤレスソリューション導入を支援することを目的に、Cisco Catalyst 3750、4500、6500のスイッチング製品とワイヤレスLANコントローラ製品のバンドル販売も予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!