日本IBM、大阪府および高槻市と「環境シンポジウム」を共催--森林保全活動も実施

CNET Japan Staff 2007年10月05日 19時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)、大阪府および高槻市は10月5日、高槻現代劇場(大阪府高槻市)において2007年11月1日に「IBM環境シンポジウム 2007」を開催することを発表した。

 シンポジウムでは、三輪大阪府副知事、奥本高槻市長のほか、「環境との調和」を目指した独創的な建築で世界的に注目を浴びる建築家の安藤忠雄氏が講演を予定。また、最近注目されている金融機関の環境への取り組みなどを紹介するセミナーやセッションを開催する。

 さらに、日本IBM社員とその家族が取り組んでいる地球温暖化防止のための参加型環境プログラム「ECOマラソン」の事例も紹介。会場施設内では、地元企業の環境配慮製品や環境活動を展示する。

 IBM環境シンポジウム2007への参加は無料。日本IBMのウェブサイトから申し込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?