OSS高可用性クラスタリングソフト「Heartbeat」の日本語サイト公開

田中好伸(編集部) 2007年10月05日 23時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT、NTTデータ先端技術(NTT-DI)、VA Linux Systems Japan、NECの4社は10月5日、オープンソースソフトウェア(OSS)の高可用性クラスタリングソフト「Heartbeat」の日本語サイトを公開した

 Heartbeatは、システムの状態を監視し、障害を検出した場合に予備のシステムに切り替えて、サービスを継続させることができるミドルウェア。同ソフトウェアは、Linux向けに高可用なソリューションを提供するために、信頼性・可用性・保守性(Reliablity、Availability、Serviceability:RAS)を高める「The High Availability Linux プロジェクト」の中心となっている。

 サイトでは、Heartbeatのソースコード、プログラムモジュール、関連ツールのほか、インストールマニュアル、設定マニュアル、リリース情報などを公開している。

 NTTなど4社は、基幹系システムでこれまで培ってきたミドルウェア開発技術や障害解析技術をもとに、新機能の提供や品質強化試験でのバグパッチのフィードバックで、機能・品質の向上面でHeartbeatコミュニティーに貢献していくとしている。

 ウェブサーバやアプリケーションサーバ、データベースなどのOSSミドルウェアは広く普及しているが、企業の基幹系システムや社会インフラなどには、まだ導入されていないのが現状だ。これは、システムが提供するサービスの停止時間がもたらす影響力が大きいことによる。こうしたことから、システムに障害を発生させないことに加えて、仮に障害が発生しても、停止時間をより短くすることが重要となっている。

図 Heartbeatを活用した障害発生時のシステム切り替えイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!