不用意なダウンロードに注意--マカフィーが9月のネットワーク脅威状況発表

吉澤亨史 2007年10月09日 14時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーはこのほど、9月のネットワーク脅威の状況を発表した。これは、マカフィーがウイルスと「不審なプログラム(Potentially Unwanted Program:PUP)」の検知数をランキングしたトップ10となっている。

 ウイルスでは、7月に発見された「W32/Zhelatin.gen!eml」が引き続き1位となった。これは、スパムメールを介して脆弱性攻撃プログラムをホストしているサイトへ誘導し、そのサイトにアクセスするだけでダウンロードを開始するトロイの木馬。企業数、マシン数ともに2位以下を大きく引き離している。

 PUPでは、トップ10の大半をアドウェアが占める状況は変わっておらず、中でも「Winfixer」や「Drivecleaner」は常に上位に位置している。マカフィーでは、たとえ合法サイトであろうとも、不審なメールのURLからアクセスするのは危険であること、また、情報漏洩防止の観点から、フリーソフトの不用意なダウンロードは慎むように呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?