USEN、CRMとERPの業務プロセス連携の基幹システムでオラクル製品を採用

田中好伸(編集部) 2007年10月09日 21時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(本文)

 日本オラクルは10月9日、USENが大型基幹システム構築に向けて、オラクルの通信業界向け業務アプリケーション製品群「Oracle Communications Industry Suite」(CIS)とSOAのアプリケーション統合基盤「Oracle Applications Integration Architecture」(AIA)を採用決定したことを発表した。

 採用されたのは、CISのERP「Oracle E-Business Suite 11i.10」とCRM「Siebel 8」、「Oracle E-Business Suite」(EBS)、「Siebel」の業務プロセス連携を実現する統合基盤であるAIAのプロセス統合パック、システム基盤として「Oracle Fusion Middleware」(OFM)と「Oracle Database 10g」となっている。USENグループ各社を対象に、10月から構築作業を開始し、2008年9月に稼働予定となっている。

 USENグループの音楽放送事業、カラオケ事業、映像・コンテンツ事業、業務用システム事業を対象に、Siebelによるフィールドサービスシステム、契約管理システムと、EBSによる財務会計システム、購買在庫管理システムが構築される。

 さらにAIAのプロセス統合パックで、SiebelとEBS、さらには既存のシステムとの業務プロセス連携も実装する。USENでは対象業務のカバレッジ性と先進的なテクノロジーの点を評価して、CISの採用を決定したという。

 USENグループのITインフラは各事業、各グループ企業で個別のシステムが運用されているため、システムの統合とそれに伴う技術面、コスト面、時間といった問題点の解決が課題となっていた。

 今回、オラクル製品を全面的に採用することでグループ内のITインフラを効率的に統合し、またシステムの適用範囲をERPからCRMにまで拡張し、グループ内の相乗効果を速やかに創出するITインフラの構築に着手することにした。

 CISは、通信・メディア業界に特化した業務アプリケーション製品群。CRM製品であるSiebelの通信業界向け顧客管理アプリケーションの最新版となる「Siebel Communications」、旧「PORTAL」である請求、収益管理のアプリケーション「Oracle Communications Billing and Revenue Management」、通信網運用支援システム(Operation Support System:OSS)でのサービス受注から開通までのプロセスを支援するアプリケーション「MetaSolv」、EBSの通信業界向けソリューションである「Network Asset Lifecycle Management」などが含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR