マイクロソフト、「BizTalk Server 2006 R2」日本語版の概要とパートナー支援策を発表

目黒譲二 2007年10月10日 13時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは10月9日、「Microsoft BizTalk Server 2006 R2」日本語版の製品概要と、同製品ビジネスで今後展開するパートナー企業支援策について発表した。

 BizTalk Serverは、ビジネスプロセス管理(BPM)および業務システム連携製品。その最新版となるBizTalk Server 2006 R2では、RFID(無線ICタグラベル)ミドルウェア機能の搭載、BPM機能の強化、EDI(電子データ交換)やAS2(Applicability Statement 2)のサポートなどのB2B機能の強化を行っている。

 以前のBizTalk Server製品に含まれるBPMとサービス指向アーキテクチャ(SOA)/ESB機能の上に構築されており、コアとなるプロセス管理テクノロジーを、EDI、AS2、およびRFIDのネイティブサポートといった新機能と組み合わせて拡張したり、Windows Workflow Foundation(WF)、Windows Communication Foundation(WCF)などの主要な.NET Frameworkテクノロジーを提供する2007 Microsoft OfficeシステムやWindows Vistaと緊密に連携することができる。

 提供するエディションは、Enterprise(税抜参考価格699万円)、Standard(同198万円)、Branch(同34万6000円)、Developer(同11万7000円)の4つとなっている。

 パートナー企業支援策としては、BizTalk Serverの基礎から開発、運用、ソリューション開発についてのワークショップをはじめ、技術者資格MCTS取得支援、ソリューション開発・検証支援、販促商材の開発支援、オンラインマーケティング、テレマーケティングなどを提供し、ビジネス導入の検討から、ビジネス化、ビジネス開発、ビジネス展開までを支援するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!