富士通とサン、UltraSPARC T2プロセッサ搭載エントリサーバをダブルブランドで提供

CNET Japan Staff 2007年10月10日 10時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通とSun Microsystemsは10月9日、UltraSPARC T2プロセッサを搭載した初のサーバ「SPARC Enterprise T5120」および「SPARC Enterprise T5220」の販売を開始した。同製品は、富士通ブランドおよびSunブランドとして全世界で販売される。

 SPARC Enterprise T5120およびSPARC Enterprise T5220は、リアルタイム性が必要なウェブフロント業務やアプリケーション、オンライントランザクション処理、技術計算などの分野に最適化されたサーバ製品。高い性能、拡張性、高密度実装による省スペースが特長となる。

 また、UltraSPARC T2プロセッサに内蔵された仮想化機能により、少ないリソースで仮想化システムの構築と運用を実現できる。価格は、SPARC Enterprise T5120が97万1000円より、SPARC Enterprise T5220が108万6000円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!