AMD、Eclipse Foundationへの参加を発表

原井彰弘 2007年10月10日 19時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月9日、AMDはオープンな標準を支援するため、Eclipse Foundationへ参加することを発表した。

 この発表は、ドイツのルートヴィヒスブルクで開催中の「Eclipse Summit Europe 2007」に合わせて行われたもの。AMDでは、同社が保有する技術的ノウハウと、他の企業との協力によって成し遂げてきた技術革新の経験を、x86アーキテクチャやマルチコア処理を利用する開発プラットフォーム、アプリケーションフレームワークの標準化に活かすことができるとしている。

 Eclipse Foundationの専務取締役であるMike Milinkovich氏は「AMDは名だたる企業、個人が集まるグループに参加し、オープンで拡張性の高い開発プラットフォームやアプリケーションフレームワークの標準化に向けて共に献身することになる。AMDが我々のオープンソースコミュニティへ寄与してくれることを、皆楽しみにしている」と述べている。

 現在、Eclipse FoundationにはIBM、BEA、Intel、Oracleなどが参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!