FXC、独自開発の小型録画再生ユニット--D1サイズで毎秒30フレームを記録可能

田中好伸(編集部) 2007年10月10日 19時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワーク機器のFXCは10月10日、独自に開発した小型の録画再生ユニット「FXC-PV500M」の販売を開始したことを発表した。価格はオープン。年間1万ユニットの販売を目標にしている。

 PV500Mは、D1(720×480ピクセル)サイズで毎秒30フレームのフルモーション動画をリアルタイムに録画・再生可能となっている。ビデオCODECに動画圧縮規格「H.264」を採用することで、高い圧縮率を実現している。

PV500M

 また記録媒体としてSDメモリカードを採用、8GバイトのSDメモリカードにフルモーション動画を約16時間録が可能となっている(サイズはD1、毎秒30フレーム、1bps)。ネットワーク機能(有線/無線)インターフェースがオプションでサポートされており、RTPプロトコルでリアルタイムに1フレームあたりD1の映像をネットワーク経由で転送できるという。

 車載カメラや小型ビデオレコーダに組み込まれるユニットとして、メーカーやシステムインテグレーターを対象に販売される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR