ColdFusion向けMVCフレームワーク「Mach-II 1.5 Final」リリース

原井彰弘 2007年10月10日 22時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月8日、Mach-II teamとGreatBizToolsはColdFusion向けMVCフレームワーク「Mach-II 1.5 Final」をリリースしたことを明らかにした。

 Mach-IIは、Adobe Systemsが販売するウェブアプリケーション専用開発言語およびツール「ColdFusion」向けに開発されたオープンソースのフレームワーク。MVCモデルを採用したオブジェクト指向のフレームワークであり、ソフトウェアの開発および保守の作業を簡素化できるとしている。

 今回リリースされたMach-II 1.5では、Mach-IIの設定ファイル中で追加のXMLファイルをインクルードできるようになったほか、コマンドを用いてリダイレクトを行った際でもオブジェクトがそのまま保持される機能が加わった。また、URLの管理機能が新しく加わり、URLのフォーマットを細かく設定することが可能になった。そのほかに、全体的なパフォーマンスも改善されているとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR