マカフィー、Linux対応ウイルス対策ソフト「McAfee LinuxShield」新版を発売

吉澤亨史 2007年10月10日 21時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは10月10日、最新のLinux OSに対応したプロアクティブなウイルス対策ソリューションの新版「McAfee LinuxShield 1.5」を同日から販売開始したと発表した。

 LinuxShield 1.5は、32ビットと64ビットのLinux OS上で、ウイルスを中心としたさまざまな脅威に対するリアルタイムプロテクションを提供し、防御効果を向上させるウイルス対策ソリューション。新たにLinuxの最新の企業向けOSである「Red Hat Enterprise Linux 5」に対応するとともに、新たなKernelをサポートし、より広範なLinuxシステムへの対応を実現した。

 パッチの配布前に新型ウイルスを識別するヒューリスティックスキャンと、圧縮ファイルに潜むウイルスを検出するアーカイブスキャンを実現した。また、Linuxシステムの通過を試みるWindowsウイルスも検出する。アップデートは、差分アップデートを自動実行するため、サーバを再起動する必要がない。

 同社の統合管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator」最新版に対応しているため、McAfee LinuxShieldの柔軟なプロテクション機能をシングルコンソールで集中管理できる。ポリシー管理の実行と、脅威とセキュリティの状況の詳細なレポートをグラフィカルに作成することが可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?