グーグル、デベロッパー交流会の続編を公開:Google Maps APIへの要望とは

荒浪一城 2007年10月11日 18時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月10日、Googleは第3回目となるデベロッパー交流会の様子を公開した。モデレーターは、稚内北星学園大学東京サテライト校の客員スタッフとしても教鞭をとる、Googleの石原直樹氏が務めている。

 第2回目の続編となる今回の議題は、「Google Maps APIあるいはGoogle マップ を利用するうえでの要望や質問があれば教えていただきたい」というもの。参加者からは、

  • ズームイン・ズームアウトのスライダーとは別の、汎用スライダーを用意してもらいたい
  • Google EarthではKMLでスライダーを作ることができるため、Google Mapsも同じようにKMLに対応していただきたい
  • 英語表記だけ別レイヤーで持たせることはできないだろうか

 このような意見が出た。

 交流会の様子は、動画としてYouTubeにアップロードされているので、興味のある開発者は閲覧しておくとよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?