マイクロソフト、.NETのコード解析ツール「FxCop 1.36 Beta 2」リリース

原井彰弘 2007年10月11日 22時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月10日、Microsoftは.NETのマネージドアセンブリ用コード解析ツール「FxCop」の新しいバージョン「FxCop 1.36 Beta 2」をリリースした。

 FxCopは、.NETのマネージドアセンブリを静的に分析し、Microsoftが定める設計ガイドライン「Microsoft .NET Framework Design Guidelines」に適合しているかどうかを調べるツール。ライブラリ設計、パフォーマンス、命名規則、セキュリティなどといった観点から200種類以上の問題点を見つけ出すことができる。

 今回リリースされたベータ版では、前のバージョンであるFxCop 1.35と比較して、匿名メソッドやラムダ式の解析がサポートされたほか、ジェネレータが生成したコードの解析をスキップする機能が加わった。また、200以上のバグが修正され、パフォーマンスも向上している。

 解析が可能な.NET Frameworkのバージョンは1.x、2.0、3.x。ただし、FxCopの動作には.NET Framework 2.0が必要になる。また、Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows XP上のみでの動作をサポートしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!