SAS、中堅・中小企業向けパッケージを提供開始

CNET Japan Staff 2007年10月12日 13時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Institute Japanは10月11日、中堅中小企業(SMB)市場に向けたBIプラットフォームパッケージ群の出荷を開始した。同パッケージ群は、SASのBIプラットフォーム「SAS Enterprise Intelligence Platform」(SAS EIP)の主要製品のパッケージとなる。

 このパッケージ群は、年間売り上げ500億円未満の企業を対象に「SASリセラープログラム」を通じて提供される。同プログラムは、5月にSAS米国本社より発表された新たなパートナープログラムで、各パートナー企業とのアライアンスや販売支援組織体制強化などを推進するほか、パートナー企業に対しての情報提供やトレーニングなどの拡販支援を行う。日本でもこのリセラープログラムに本格的に注力する。

 パートナープログラムで提供されるパッケージは以下のとおり。

  • SAS Data Integration for Midsize Business
    ETL(データの抽出/変換/格納)プロセスの設計と運用を簡易化、効率化する機能を提供
  • SAS BI for Midsize Business
    ユーザーのニーズやスキルに応じたインターフェイスの提供、およびクエリー&レポート機能を提供
  • SAS Enterprise BI for Midsize Business
    SAS BI for Midsize Business の機能に加え、OLAP(多次元分析)機能も搭載
  • SAS Statistical Pro for Midsize Business
    回帰分析、分散分析、多変量解析などの統計解析機能を提供
  • SAS Desktop Data Mining for Midsize Business
    デスクトップ用データマイニングの統合パッケージ

 価格は、1ユーザーあたり43万2000円から(税抜き、最小契約5ユーザーより)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから