Javaウェブアプリフレームワーク「Apache Wicket 1.3.0-beta4」リリース

荒浪一城 2007年10月14日 16時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月11日、「Apache Wicket 1.3.0-beta4」がリリースされた。今回のリリースは、4番目のベータバージョンとなる。以前のバージョンよりも120を超えるバグやTODOリストをこなしたものになる。

 Apache Wicketは、コンポーネント指向のJavaウェブアプリケーションフレームワーク。サーブレットを利用するための設定ファイル「web.xml」が唯一利用されるXMLファイルとなり、HTMLとJava(POJO)によってウェブアプリケーションが構築可能であるという特徴的なフレームワークだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから