日本オラクル、旧ステレント製品群をFusion Middlewareに統合--新製品3種をリリース

CNET Japan Staff 2007年10月10日 23時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは10月10日、統合的なコンテンツ管理を実現するエンタープライズコンテンツ管理製品群の出荷を開始したことを発表した。

 今回、出荷が開始されたのは、Oracle Fusion Middlewareの新コンポーネントである次の3製品。

  • Oracle Universal Content Management 10g Release3
  • Oracle Universal Records Management 10g Release3
  • Oracle Imaging and Process Management 10g Release3

 この3製品は、Oracle Corporationが2006年12月に買収したStelentの企業向けコンテンツ管理ソフトをOracle製品に統合した新製品となる。

 Oracle Universal Content Managementは、企業内の各部門から全社レベルまでのコンテンツ管理を実現する主力コンテンツ管理製品。ドキュメント管理、マルチサイトウェブコンテンツ管理、デジタルアセット管理、保存管理、コンテンツ使用状況追跡、コンテンツ分類、コンテンツ変換などのコンポーネントが搭載されている。

 また、Oracle Universal Records Managementは、DoD 5015.2に準拠したレコード管理システム。ファイルシステムを含めた複数かつ遠隔のリポジトリや、さまざまなアプリケーション上のコンテンツに対するレコード管理が可能。コンプライアンスとポリシーに基づいたコンテンツ管理が可能になる。

 さらに、Oracle Imaging and Process Managementは、手形、証書、送り状など紙文書である原票を電子化し、画像を使用した業務ワークフローシステムの構築や電子化した文書の長期保存を必要とする業務に最適なソリューションを提供する。

 日本オラクルでは、新日鉄ソリューションズ、富士通ミドルウェア、三菱電機インフォメーションテクノロジーと協業して顧客への導入を推進する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?