ITR、国内CRM市場調査レポートを発表--ニーズの多様化でマーケティング分野が急拡大

CNET Japan Staff 2007年10月12日 22時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティ・アール(ITR)は10月12日、2006年度の国内CRM(カスタマーリレーションシップ管理)市場動向を調査したレポート「ITR Market View:CRM市場2007」の販売を、2007年10月18日より開始する。

 この調査結果によると、2006年度の国内CRM市場規模は出荷金額ベースで前年比17.8%増の142億円。CRM関連の投資は拡大基調にあり、2007年度も引き続き17.6%増の成長率が予測されている。

 国内CRM市場を、コンタクトセンター、SFA/SFE(営業支援)、マーケティング、フィールドサービス、分析、EC(電子商取引)の6分野に分類すると、メール配信を中核とするマーケティング分野が大きく成長、前年比20%増の17.9億円。ITRでは2007年度に、前年比41%増のい25億3000万円に拡大すると見込んでいる。

 また、2006年度国内CRM市場のマーケティング分野でのベンダーシェア(出荷金額ベース)では、シナジーマーケティングが19.3%でトップ、2位にはオラクル、3位にエイジア、4位にセールスフォース・ドットコムが続いている。

 価格は、レポート版が9万5000円、CD-ROM版が23万8000円(共に税別)。同レポートの詳細は、ITRのウェブサイトで紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから