JSONのXSS脆弱性を修正--Ruby on Rails 1.2.5

荒浪一城 2007年10月15日 22時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12日Ruby on Rails 1.2.5がリリースされた。

 今回のリリースは、JSON(JavaScript Object Notation)のXSS脆弱性を修正したもので、バージョン1.2.4で生じたいくつかの退行バグの修正もされている。そして、2.0プレビューリリースからのいくつかの機能と修正がバックポートされている。

 Rails1.2.4以前のすべてのユーザーは、1.2.5にアップグレードさせるように推奨する。JSONを利用していない場合には、厳密にアップグレードは必要ではない。しかしながら、JSONを利用している場合は、そうではないことに注意されたい。

 詳細な情報に関しては、CVE-2007-3227を参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから