Solaris 5.6 タイムゾーン GMT-7 NTP

OKWave 2007年10月17日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Solaris 5.6 タイムゾーン GMT-7 NTP

Solaris 5.6で時刻をGMT-7(タイ)に設定したいのですが、NTPを利用しての設定方法を教えて下さい。
・ntp.confに設定する「server」は、タイ国内の公開NTPサーバ(Stratum 1、Stratum 2など)でないと駄目なのでしょうか。もしそうならば、タイ国内の公開NTPサーバ(Stratum 1、Stratum 2など)のIPアドレスをいくつか教えて下さい。
・Solarisでは、タイムゾーンという概念はあるのでしょうか。あるとすると、タイムゾーンをGMT-7(タイ)に設定しなくてはいけないかと思うのですが、どのように設定すれば良いのでしょうか。
・タイムゾーンの設定をすると、世界中どのNTPサーバをntp.confに設定しても、取得した時刻をGMT-7に変換してくれるような仕様になってますでしょうか。
日本の時刻(GMT-9)しか合わせたことが無いため、タイのサーバ設定で困っています。よろしくお願い致します。

良回答

> ・ntp.confに設定する「server」は、タイ国内の公開NTPサーバ(Stratum 1、
> Stratum 2など)でないと駄目なのでしょうか。

そんなことはありません。例えば、Windows は XP から NTP クライアントとして動作するサービスが提供されていますが、デフォルトで設定されているサーバはアメリカにあります。

> ・Solarisでは、タイムゾーンという概念はあるのでしょうか。あるとすると
> 、タイムゾーンをGMT-7(タイ)に設定しなくてはいけないかと思うのですが、
> どのように設定すれば良いのでしょうか。

/etc/default/init ファイルの TZ=Japan と書いてあるところを修正すればよいです。
ユーザ単位で設定したいのであれば、環境変数 TZ を変更すればOKです。

TZ=GMT-7

> ・タイムゾーンの設定をすると、世界中どのNTPサーバをntp.confに設定しても、
> 取得した時刻をGMT-7に変換してくれるような仕様になってますでしょうか。
> 日本の時刻(GMT-9)しか合わせたことが無いため、タイのサーバ設定で困っています。> よろしくお願い致します。

GMT-7 に変換するのは表示するときや date コマンドを実行するときなどです (内部で都度変換されています)。なので、どこの国のサーバを見るかは関係ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR