IBM、第3四半期決算で6%の増益―サービス部門がけん引

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年10月17日 16時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間10月16日、サービス部門の好調な業績がハードウェア部門の落ち込みを補い2007年第3四半期は6%の増益だったと発表した。

 IBMの利益は23億6000万ドル(1株あたり1.68ドル)であり、アナリストの予測利益をわずかだが上回った。

 IBMによるとサービス部門の売上高の伸びは2003年以降で最高を記録したという。第3四半期のサービス契約は総額118億ドルに達し、前年比で12%増加した。

 システム&テクノロジ部門の売上高は49億ドルで10%下落した。プリンティング部門の売り上げの影響を除くと6%の下落だった。

 IBMの最高経営責任者(CEO)であるSamuel Palmisano氏は声明の中で、現在ハードウェア事業の「過渡期」を克服しようとしている段階だと述べている。メインフレームサーバの売上高は2006年同期と比べて31%落ち込んだ。

 利益率の高いソフトウェア事業では、買収の効果もあって売上高は7%上昇している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから