シックス・アパート、MT4ベースの企業向けブログシステム「Movable Type Enterprise 4」を発表

柴田克己(編集部) 2007年10月17日 21時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シックス・アパートは10月17日、企業向けブログソフトウェアの最新版「Movable Type Enterprise 4」の提供を11月下旬に開始すると発表した。

 Movable Type Enterprise 4は、最新の「Movable Type 4(MT4)」をベースとして企業内ブログの管理運営に必要な機能を付加したもの。Movable Type Enterpriseとしては、2006年10月に販売開始されたバージョン1.5以来のバージョンアップとなる。

 従来バージョンと比較し、MT4をベースとしたユーザーインターフェースの刷新、CMS機能の強化が行われたほか、LDAP対応による基幹システムとの連携、OracleやMS SQL Serverといった商用データベースへの対応など、Enterprise版独自の機能追加も行われている。

 MT4をベースとした機能強化点としては、WYSIWYGによるブログ編集機能の追加、画像を含むウェブサイト上のコンテンツを容易に管理できる「ファイルマネージャー」機能の搭載などが挙げられる。また、企業向け独自の強化点として、「サイト管理者」「デザイナー」「編集者」といったユーザーの役割ごと、もしくは「企画部」「デザイン部」といった任意のグループごとに、ブログの管理権限を詳細に設定できる機能が追加されている。

Movable Type Enterprise 4 最新のMT4をベースにした「Movable Type Enterprise 4」。部署などのグループごとにユーザーを管理し、詳細な管理権限を設定することができるなど、企業内ブログの運営に必須の機能が強化されている。

 価格およびライセンス体系は旧来のバージョンと同様。基本ライセンスパックが126万円より(マルチサーバ、50ユーザー)。追加ユーザーライセンスパックが63万円(追加50ユーザー)より。2年目以降の年間メンテナンス料が25万2000円(50ユーザーまで)より。

関信浩氏 シックス・アパート、代表取締役の関信浩氏。

 Movable Type Enterprise 4の発表にあたり、シックス・アパート代表取締役の関信浩氏は、Web 2.0の新たなコンセプトや技術を企業内に適用していく「Enterprise 2.0」について言及。このムーブメントにおいては、旧来のピラミッド型の企業組織から、よりスピードを重視したフラットなネットワーク型組織への対応が求められているとした。

 しかし、従来のメールやグループウェアなどによる情報共有だけでは、情報の再利用が難しく、「部門の壁」を超えるスピーディーなコミュニケーションには対応しきれないと指摘。企業内ブログの導入は、そうした問題を解決し、ネットワーク型組織に適した情報共有環境の実現を目指すものであるとした。

 さらに、企業内ブログについては「社内で利用したい」というニーズが高いにもかかわらず、実際には「20%の企業でしか導入されていない」という調査結果を引用。「シックス・アパートは、これまでも日本のブログ市場を牽引してきた。個人向けと企業向けの両方の製品を提供するブログ専業ベンダーとしての強みを生かし、だれもが使いやすいブログ製品を提供していく」(関氏)と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?