ジョブス:iPhone・iPod touchのSDKを2月提供明言

大野晋一(編集部) 2007年10月18日 07時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは同社のウェブサイトに、iPhone・iPod touchのSDKを提供する旨のレターを掲載した。レターはSteve Jobs氏の名前で書かれており、「アップルはiPhoneにサードパーティアプリケーションが提供されることを望んでおり、2月に開発者の手に渡る計画だ」という書き出しで始まっている。

 レターには、なぜ提供開始が2月になってしまうのかも書かれている。Jobs氏によれば、開発者がiPhoneのソフトウェアプラットフォームの力を存分に活かせるというニーズとエンドユーザーがウィルスや悪意のあるソフトウェアに脅かされないという相反するニーズを互いに満たすのは難しい、とのこと。

 また、例えばNokiaが採用しているような電子署名の方法は安全性につながるものの、「完全にオープン」とはいえないとする。とはいえ、同社では電子署名は正しい方向だと評価しており、より進んだシステムを作ることで安全かつオープンなプラットフォームを実現したい考えだ。なお、同社では時期OS:コードネーム「Leopard」で開発者がアプリケーションに電子署名を付与するシステムを導入する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!