Grails 1.0-RC1、リリース

荒浪一城 2007年10月18日 11時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日、Grails開発チームは、Webアプリケーション開発フレームワークGrails 1.0-RC1をリリースした。

 Grailsは「規約によるコーディング」を、Javaに近い文法を持つGroovy言語を用いて実現、Groovyの利点を用いてJavaによるWeb開発を補完するオープンソースのWebアプリケーションフレームワーク。

 今回のリリースでの変更点は下記のとおり。

  • O/RマッピングのためのDSLを提供
  • Filtersのサポート
  • タグライブラリーの改善 - 名前空間、ボディー変数、ページスコープ、そしての改善
  • コントローラーの改善 - 多次元のパラメータオブジェクト、タイプ変換エラーのデーターバインディングを維持する
  • URL Mappingの改善 - レスポンスコードへのマッピング
  • GORMの改善 - 悲観的ロックのサポート
  • 設定の改善 - JNDIデーターソースのためのサポート、プレースホルダーとフレキシブルな設定位置のプロパティ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!