SOA全社導入を支援--BEAがSOAコンサルメニューを刷新

大野晋一(編集部) 2007年10月18日 16時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは同社のSOAコンサルティングメニューの刷新を発表した。企業におけるSOAの全社導入を視野に入れ、同社のSOA案件の実績やグローバルで培った方法論を生かしたものとなる。新メニューは18日より提供が開始される。

 同社では2005年よりSOAコンサルティングを提供してきた。当時はまだSOAの効果などが検証されていた状況であり、新メニューはこの2年間の変化を反映したものとなる。BEAではグローバルで300件、国内で30件を超えるSOAコンサルティング案件を持つ。これらは単なる「お試し案件」ではなく全社導入など企業システムのコアとなる案件だ。

 また、BEAでは、SOAコンサルティング方法論「BEA Liquid Enterprise Methodology」を2006年より提供しており、今回の新メニューについてもこれに基づいたものになる。

 SOAにおけるBEAの特徴は、上にもある実績の多さだ。国内でもNTTドコモやツネイシホールディングスをはじめとした大規模な全社規模の案件を多く持つ。もう一つはSOA戦略立案のフェーズから、これを具現化しシステム構築を行うフェーズ、構築したシステムやプロセスを運用するフェーズまで一貫してサービス提供が可能な点だ。

 実装フェーズに関してはBEA製品の導入が基本となるものの、戦略やガバナンスといったフェーズは特定の製品に依存しない。また、顧客のニーズに応じてカスタマイズ可能となっている、システムインテグレーターやコンサルティング企業のサービスと組み合わせての利用も可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!