日本ユニシス、 Microsoft Office Communications Server 2007構築サービスの提供を開始

CNET Japan Staff 2007年10月17日 22時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは10月17日、マイクロソフトが11月より出荷を開始する「Microsoft Office Communications Server 2007」を使用したシステム構築サービスの提供を開始することを発表した。

 Microsoft Office Communications Server 2007は、プレゼンス(在席確認)やインスタントメッセージ、ウェブ会議、アプリケーション共有、VoIP(Voice over IP)などの機能をワンストップで提供するユニファイドコミュニケーション製品。セキュリティ機能も搭載されるほか、「Microsoft Exchange Server 2007」や電話システムと連携することもできる。

 日本ユニシスでは、同システムを、日産自動車、カプコンに対して先行導入中。2008年より順次、新システムの稼働を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!