ツールを使ったCMDB

中田晧介(日本CA) 2007年10月19日 09時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITILにおいて、その中核に位置づけられるCMDB(構成管理データベース)は、使用される局面に応じたさまざまな顔を持つ。このビデオでは、IT財務管理、影響/根本原因分析、インベントリ管理という3つの目的において、それぞれどんなツールが用いられるのかについて、日本CAの中田晧介氏が解説する。今回のホワイトボードの全体図はこちらで参照できる
※関連ビデオ

再生時間:4分31秒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから