IE用JavaScriptデバッガ「Companion.JS 0.2」リリース

原井彰弘 2007年10月19日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Core Servicesは10月17日、JavaScriptデバッガ「Companion.JS」の新バージョン「Companion.JS 0.2」をリリースした

 Companion.JSはInternet Explorer上で動作するJavaScriptデバッガ。スクリプト実行中にエラーが発生した場合、そのソースファイルの名前やコールスタックなど、詳細なエラー報告を行えるのが特徴だとしている。

 今回リリースされたバージョンでは、新たにFirebugと同じような「console.logに出力する機能」が加わり、スクリプトの動作に影響を与えずにコンソールへ値を出力することが可能になった。

 なお、Companion.JSを利用するには、Microsoft Script Debuggerをあらかじめインストールしておく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!