祝!初のメジャーバージョンリリース - ロードバランサ「UltraMonkey-L7」

荒浪一城 2007年10月19日 19時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UltraMonkey-L7プロジェクトは10月19日、オープンソースのLayer-7ロードバランサ「UltraMonkey-L7」の、初のメジャーバージョンをリリースした。

 UltraMonkey-L7は、OSI7階層モデルの第4層(Layer4)までの情報に基づいた負荷分散ソリューション「UltraMonkey」を応用して、第7層(Layer7)までの情報に基づいた負荷分散機能を実現するためのプロジェクト。

 「UltraMonkey-L7 1.0.0」のリリースにおける変更点は以下のとおり。

  • GLibを1.2から2.0に変更した
  • イベント管理にepoll(ET)を採用した
  • recv、sendをノンブロッキングモードに変更した
  • リスト走査をハッシュリストに変更した
  • QoSに対応した
  • 重み付きラウンドロビンスケジューラーを新しく追加した
  • リアルサーバーに重みを掛けられるようになった
  • その他、バグを修正をした
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから