Intel e1000ドライバ検出時、オプションが無効に設定された

OSSメッセージペディア 2007年10月22日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e1000: PCI number: function: option Disabled

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

メッセージ中のPCI(Peripheral Component Interconnect)番号に対応するIntel e1000ドライバ検出時、optionで示す当該ドライバのオプションがdisable(無効)に設定された。

Intel e1000ドライバのオプション変更時、このメッセージによって正しく変更が認識されたか否かを確認できる。

enable(有効)にされた場合は以下のメッセージを出力する。
e1000: PCI number: function: option Enabled

enable/disableを選択できるオプションには以下のものがある。
Checksum Offload(XsumRT):チェックサム・オフロードの有効/無効の指定

このメッセージは、Red Hat Enterprise Linuxの場合標準で出力されるが、ethtool等でIntel e1000ドライバのメッセージレベル2を無効にすると出力されなくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!