「iPod touch」の「ロック解除ソフト」が意味すること(新着ブログより)

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2007年10月22日 12時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、13歳のハッカーが「iPod touch」のロック解除ソフトを開発し、「iPod touch」にサードパーティソフトのインストールが出来るようになったという。このニュース、記事の冒頭で触れられているハッカーが「13歳」であることや、ハッカーが「コンピュータサイエンスのクラスを履修していない」ということよりも、iPodがハック対象となるという事実の方が興味深い。

Appleの伝統的ビジネスモデル

Appleといえば、その斬新なデザインや、斬新なビジネス展開を我々は思い浮かべるが、iPodのビジネスモデルは極めて伝統的な顧客ロックイン戦略に基づく。つまり、iTunesで販売される楽曲は非公開のフォーマットで生成されており、それはiPodでしか聞くことができない。それゆえに、iPodの購入者はiTunesにロックインされる。

(全文はこちら--「エンタープライズニュースの読み方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?